読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜La vita è bella〜

1996年生まれのサッカー選手です。日々の生活感じたことを発信していきます。

クラスのおじさんから学んだ事。

Ciao!

こんにちは!かなり久しぶりの更新となります汗
さて今日は大学で同じクラスのマルクというケニア人52歳のおじさんと話して学んだ事について書きたいと思います。

彼とは教室で初めて会った時の自己紹介で、
「ノブ!よろしく!どこから来たの?」
「マルク!こちらこそ!ケニア生まれなんだけど、色んな国に住んでたからなんともいえないんだよ笑
まずはここで???が浮かびました笑
色んな国に住んだからどこか言えない??
どーゆーことだ?笑
固定概念ぶっ壊されました。笑

僕が
「いくつ?」
と聞くと
「52歳!」
「俺の父さんと一緒だ!」
とひと盛り上がり。

その後、彼はこう続けました。

「僕は小さいころから沢山の国、アメリカ大陸やヨーロッパで生活したんだ。そこで色んな人々を見た。
ある場所では、すごく苦しくて貧しい生活をしているし、またある場所では、すごく楽しそうに人生を楽しんでる人が同時にいるんだ。
人生をよりよくしたいなら自分と環境を変えなければならない。
自分が何かを起こさないとなにも変わらない。
人生は止まらない。動き続けてるんだ。だから常に前に行くんだ。
世界は広いけど狭かった。
まだまだ知らない事ばかりだけどね。笑
と。すごく楽しそうだった。

僕が
「じゃあ今はなんでイタリアで勉強してるの?」
と聞くと、
「人生は常に勉強さ。今は彼女とここに住んで、仕事をするため。」
と笑顔で。

スウェーデン人の友達が
「EUパスポートないとここで仕事するのは難しいよ。」
と。

すると彼は
「そんなの知ってるさ。でもぼくはそれをやってみせるよ。」
自信満々の笑顔で答えました。

すごくかっこよかったです

自信って、自分の能力を信じる事じゃなくて、自分の可能性を信じる事なんだなと感じました。

彼は52歳です。
何かを始めるのに年齢は関係ないのと、言い訳する時は、自分で勝手にやらない理由を作ってるだけなんだ。
こうしなければいけない。なんて、本当はそんなものない。
という事を学びました。

最後に、難しい時ほど笑顔でそれを楽しんで、いくつになってもチャレンジし続け、自分の可能性を信じれる大人になりたいと思いました。

では
Ciao Ciao👋


ブラジルで脳みそ変えてもらいました。


こんばんは🌟

またまた久しぶりの投稿となります!

今回はずっと前から温めてたことについて書こうと思います!

いきなりですが、

僕がブラジルという国に脳みそ変えてもらった話しをします。

2年ちょい前くらいですかね。

高校2年生の夏休み1ヶ月間サッカー部を休んで、ブラジルという国に行きました。

皆さんご存知だと思いますがブラジルって日本の反対側にある南米の国です。

ちなみに、殺人件数が世界1の国でもあります笑

合計で32時間かかりました。笑
成田空港→アブダビ12時間
トランジット→5時間
アブダビ→サンパウロ15時間
という感じです。笑
長いです。というか長すぎます!笑
疲れたというか、魂抜けそうになりました笑

もちろんサッカーの為に行ったのですが、サッカー以外で、この国にプレゼントしてもらった物が沢山あるので、今回はサッカーの話は抜きますね!

後日サッカーの話しも書いていきます!

話しを戻すと、サンパウロ空港についた瞬間は鳥肌というか、言葉にできない感覚がありました!

喜びなのか、緊張なのかは今だにわからないのですが笑

僕はサンパウロ州のジアデマ市という所のスラム街にある住みました。
スラムって本当にやばいです笑
夜に寝てると、銃声で目が覚めたりします。笑

けど、

ブラジル人って最高なんです。

彼らはいつも笑っています。
彼らはいつも楽しそうです。

ある日、チームメイトが夜に、素足で帰って来ました。
なんで?と聞いたところ、
「今日新しい靴はいてったら、銃突きつけられて、靴をよこせ。って言われちゃったよー笑 この辺では良くあることなんだ笑
って笑ってました。


23歳のファーストチームの選手が、プロの練習終わりに毎回僕の部屋にきて、言葉がまだ喋れない僕に言葉を教えてくれました。


チームのホペイロは毎週のように家に呼んでくれ、ご飯をご馳走してくれたり、楽しませてくれようとしてくれました。


昼間の練習帰りには、沢山の知らない人、子供からお年寄りまで、全く人種の違う人間に変な顔一つせずに、話しかけてくれました。


夜には銃声で目を覚ましたり、携帯を持ってると、銃をつきつけられたり、夜には出歩けないほど危ない街なのに、街の皆は笑ってました。 
すごく幸せそうでした。


日本人ってかなりお金持ちというイメージがありますが、
彼らは全くそんな事なんて関係ないんです。喜んでご飯もご馳走してくれたり、親切にしてくれました。

彼らは、学校に通えなかったり、欲しい物も買えないのにです。

なんでもいいから今この瞬間を楽しもうよ!!

殺人があっても、お金がなくても、この瞬間、みんなで、生きれてる事が最高じゃん!!

そう言っているようでした。

彼らは楽しむ天才です。

今、この瞬間を楽しむ。ということにすごく貪欲です。

今この瞬間をどう楽しむか。というのをすごく考えていました。


落ち込んでるのをみたことがないくらいでした。


夜に銃声で起きる事のない日本。

携帯電話もほとんどの人が持ってる日本。

欲しいものがあれば、たいていはすぐに買える日本。

お金にもあるていど困らない日本。

学校に行けるのが当たり前な日本。

日本ってめっちゃ恵まれてる国です。
便利すぎるくらいです。

それなのに、下を向いてつまらなさそうにしている日本人。

おかしくないですかね?

皆さんはブラジル人より遥かに恵まれていますよ。

その違いを考えてみたのですが、
日本人って、、、
人に認められる。事を意識しすぎて、他者の価値観で生きてる人が、多いように感じます。
それに、自分自身を好きになる事が恥ずかしいとされる事もある。
だから、
自分の足りない所に目が行ってしまう。

ブラジルはとにかく、自分が大好きです。笑
俺かっこいいだろ!とか言いますし、人に認めてもらうのに興味がありません。笑
自分自身が自分を愛していればそれでいいのです。


彼らを見ていて思うのは、 自分のことを好きにならなきゃ始まらない。
自分らしくしている人が一番の幸せ者ということ。
やっぱり、自分というものを最大限表現するのが人生の醍醐味だということ。

周りの目を気にする必要はないんじゃないでしょうか?


もっと自分も周りも許容したらどうでしょうか?

もっと楽しくしませんか?

僕も、今自分にあるものをどう使うか、今をどう楽しむかを突き詰めて、思いっきり、楽しみまくろうと思います😁😁😁

ではでは😁





















最強メンタルのチームメイトから学んだ事。

ブオナセーラ!!


2日連続の投稿です!


今日はチームメイトから学んだ事というか、

自分が抱えてる悩みなんて本当に小指の先っちょくらいじゃん!!笑笑と思った事について書きます!


昨日の記事にも出したイスラエル人の話しをします!

ダニエルって言うめっちゃいいやつです!笑


きっかけは覚えてないんですが、彼の祖国、イスラエルの話しになりました。

イスラエルと言う国について知らない方もいると思うのでかる〜く説明しますね!

  • 首都はエルサレム、中東のパレスチナに位置する国です。

    かなりかる〜くですが笑

    その国出身のダニエルがこう言ったんです。
    『小さい時、自分の家の隣の隣に爆弾が落ちて爆発したんだ。死ぬかと思ったよ笑』って笑いながら言ったんです笑

    衝撃すぎて、言葉が出ませんでした。
    小さかったダニエルにはかなりのショックだったと思いますが、笑い話しにしてたんです。

    こいつめちゃくちゃ強いなって思いました。

    自分の悩みなんて小指の先っちょくらい小さいじゃん!!笑笑
    恥ずかしい笑
    って。

    そのダニエルはいつもニコニコしていて、皆を気遣い、リーダーみたいな存在です。

    こいつハンパない、、、。

    まじでそう思いました。

    本当の強さって、自分に起きた不運、悪い事、屈辱的な事、コンプレックスを笑い話しにできること。
    なんじゃないかなと感じました。


    人間は生きてるだけでハッピーなんですって。

    ではまた😆





遠慮は無駄!笑思った事は伝えよう!

久々の更新となりました!


今日のテーマは、、、


遠慮は無駄!笑思ったことは伝えよう!


です!笑


最近というか、こっちに来てからずっと感じることなんですが、思ったことは伝えた方がいいです!


というか、伝えるべきです!


この前、学校でクラスが変わった時、(外国人語学学校なので、1ヶ月又は3ヶ月でクラスが変わる)に先生に、新しく教科書を買え。

と言われました。


僕はうわー。25ユーロもするじゃん!高すぎだろ!って思ってただけだったのですが、、、


その時に、、、


イスラエル人のチームメイトが先生にキレたんです。笑

『マジかよ!この学校は狂ってる!25ユーロもするんだぞ!Fuck!Fack!俺は買わないぞ。』と言い出しました。笑

先生は好きにしなさいとだけ言ってそのまま授業は進みました。

今もそのイスラエル人は近くの席の人に見せてもらってます笑笑


先生にそう言えるのってすごいですよね。


結果は良かったのか分かりませんが笑


けど、もし、それを言わなかったら買わないでいて、いつか、怒られるかもしれません。

けど、

言ったおかげで買わないで済んだんです。笑

言ってみるもんだな笑って思いました笑

次は僕自身の事です。


僕がイタリアに来てサッカーをし始めた時、ポジションも聞かれず、全然違うポジションでサッカーをさせられました。

マジで腹立ちました。笑

その日の練習の後に、コーチに俺のポジションはそこじゃない。そこはやりたくない。と言いました。

そしたら次の日の練習ではちゃんと自分のポジションで使ってくれ、得点も取り、結果を残す事ができました。(やりたくない。がちゃんとした理由になることに感激。笑)

それからは、結果を出したと言う事もありますが、試合中や練習中、練習後にコーチの所へ行き、こうしたい、自分はこう思うと言うことを全部言って、ちゃんとした答えが返ってくるようになりました。

もし、言ってなかったら、今も違うポジションをやらされ、楽しくプレーできてなかったかもしれません。

言わないと伝わらないんです。

言ったよかったと本当に思います笑

たまに、

『監督は俺だ。嫌ならベンチに座れ。』と言われますが、対等な関係を築けてます。

本来、こうあるべきなんじゃないでしょうか?

年上の人に何も考えず従う。

自分の意見があるのに言わない。

それは自分に失礼です。

というか、責任逃れだとも思います。

空気を読んで周りに流されるのって、かなり楽です。

もし、それで悪い結果になったら俺は言ってないもん笑ってなるんですよね。

お互いがよりよなる。

お互いがより良い結果を出す為には意見が多いほうがいいと思います。

もちろん、意見はぶつかります。


日本では、、、。

意見がぶつからない事、揉めない事が大前提になってるように思えます。これを言ったら怒られそう。とかこれを言ったら喧嘩になりそう。とか言う理由で言わない人が多いと感じます。


しかし、


こっちに来てみて思うのは、意見がぶつか事、揉める事が前提なんですよね。

感覚として、一人一人違う人間なんだから意見なんてぶつかって当然でしょ!って感じです。

意見がぶつかることによって、お互いを知れて、より良い方法が見つかるんです。

小さい子供も普通に大人に言うし、大人もバカにしないで答える。

年がかなり離れてても、気に入らない事があれば言う。

そして、言い合う。

立場が違っても、年が離れてても相手を一人の人間として、リスペクトし、対等に接する。遠慮なんていらない。

そう思いました。

これからも、もっともっと自分らしく遠慮なしで、思うまま、生きて行きたいと思います!

最後まで読んでくれてありがとうございます!

ではでは😆









人気ブロガーのカルロスさんにコンタクトとったら、記事になっちゃって今後が楽しみになってきた話し。

今回の記事は水の都ヴェネツィアから書いてます!


すごく綺麗です。


綺麗すぎて、これしか言葉が出てきません笑


最近Twitterを通してカルロスさんをしりました。


知ったというのも、Twitterでメッセージをやりとりしている方に教えていただいたのですが笑


本当についてるなと、、、笑


いいことばっかりおきるんですよね笑


カルロスさんの記事がとても面白くて、コンタクト取りたいなって強く思ったんです。


感覚です。


けど、メールを送ったところで、帰ってくる保証はないですけど、とりあえずやらないよりはマシだと思ったので、メールを送りました、、、!


すると、、、


ソッコーで返信がきたんです!


しかも、記事になっちゃったんです!!!笑

いやー言ってみるものですね。

今後がすごく楽しみです!

http://crls1031.com/euro-2016


この話しから何を学んだかと言うと、、、


ここからめちゃくちゃ大事な話しです。


自分から自発的に動かなきゃ何も変わらないし、何もおこらないんです。


本当に。


多くの人はチャンスや自分のやりたいことがある時にどうしてるかというと、、、


それを、


よく調べ、


よく考え、


よく悩み、、、



その結果、どうせ無理。とか、時間がないからできない。とか、まだ〜だからできない。とかいう言い訳を自分にして、結果なにもしないんです。



けどそれってかなりもったいないと思うんです。



その、どうせ無理。はなにも知らない自分の脳みそで勝手に決めたこと。


その時間がないからできない。〜だからできない。っていうそのそれがどのくらいあったらできるのでしょうか?

自分にとってパーフェクトなタイミングなんで絶対来ません。

パーフェクトな状態では遅すぎます。

パーフェクトなタイミングとは思い立った今なんです。



そして、なにもしなかった人は言うんです。



チャンスがなかった。


って。



神様からしたら、いやいや、あげたわ!笑お前が逃げたんだろ!笑

って話しです。笑



どんなことも、やってみないと分かりません。

やりたい事があればとりあえずやってみる。

会いたい人がいればコンタクトをとってみる。

できるかできないかはわかりませんが、何もしなければ何も起きません。

しかし、

何かすれば何か起こります。

成功すれば最高です。

けど、もちろん失敗することもあります。


しかし、、、


その失敗は失敗ではありません。

こうすると、上手くいかない。ということを教えてくれてるのです。

つまり勉強できるのです。


それが分かれば、その失敗を分析して、どうすればもっとよくなるかを考えやっていけば、必ず、最後は上手くいくと思います。


変なプライドなんて捨ててしまったほうが楽だと思います。


最後にもう一度言いますが、自分から何かしないかぎり、何も起こりません。


この出会いをくれた方には本当に感謝しています!


そして、改めて学べた事にも感謝!


自分も大人になったら、若い子達に沢山与えられるような大人になりたいです。


少し長くなりましたが、最後まで読んでくれてありがとうございました^_^


チャオ!










自分を出すといこと。

おはようございます^ - ^


イタリアは今朝です!

3月なのにまだ寒く、コート無しで出掛けるのは結構厳しいです(-。-;


急にふと思ったので、書きたいと思います。


日本人って自分をアピールしたり素直な感情で表現するのが苦手なんだなと、、、。


日本では、

幼稚園→皆と合わせよう。

小学校→皆と合わせよう。

中学校→周りに合わせなさい。

高校→周りに合わせなさい。

こんな感じなんですね。


自分の意見を言う事よりも、周りに合わせるのが正解だと思い込まされているんです。


けど、本当にそれって正解なんですかね?




一方海外に出てみて、自分の意見も持つのはもちろん、それを人に伝える事が一番重要なんだと感じました。

もちろん意見はぶつかります。

それでも伝える。

そして、相手の意見も聞いて本気で話し合う。

それが本来のあるべき姿なんじゃないでしょうか?


自分を押し殺して他人に合わせるのはいいことなんでしょうか?


自分の意見を伝える事って、自分にも相手にもためになることなんだと思います。


何が正解とかはないと思います。

人は皆、遺伝子は違うし、顔も身長も食べ物の好みも匂いも趣味も全部違います。


皆が個性的なんです。


個性的な1人の人間として、本来あるべき姿はいかに人と違う事ができるか、自分という価値観、意見、心の声に素直になる事なんだと思います。


人と同じで安心してはいけない。


人と違っても良い。


自分を最大限表現できる人になっていきたいです。

食べる物で全てが決まる!!??

最近つくづく感じるのですが、

タイトルの通り、、、



食べる物で全てが決まるんです!!!


ん???

何を言ってるんだ?という方もいるかもしれませんが、本当の事なんです。と言うか、考えればすぐに分かると思います。


それはなぜか。


皆さんは人間という動物である以上、常に身体を動かしたり、頭で考えたり、していますよね?


動いたり考えたりしているのは自分の身体です。

その自分の身体は脳が司っていす。

その脳を作っているのって、日々口にしている物なんです。


知ってるわ!という方ももちろん多いと思いますがそれを忘れている人が多いように感じます。


ジャンクフードや、過度の炭水化物、ジュースなどを身体に入れすぎていませんか?


手軽に済むからといってこれらの物ばかり食べていては、いいアイディアだったり、人間本来の持っている感覚というのが失われていきます。


それらに入っている化学調味料、人工の甘みなどは全て身体にとってのノイズなのです。


例えばまずは毎日飲んでるジュースをミネラルウォーターに変えるとか、フルーツを沢山取る。とか手軽に始められるものから取り組んでいきませんか?


生活だったり、気分、もかなり変わってくると思いますよ^ - ^


何より大切なのはバランスの良い食事ですが、嫌いなものがあるなら無理に食べすにサプリメントで補給するのがベストだと思います^ - ^


食事、飲み物を見直して今より少しでも良くなればいいんじゃないでしょうか?


ではでは^ - ^