読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜La vita è bella〜

1996年生まれのサッカー選手です。日々の生活感じたことを発信していきます。

おそらくイタリアに来て始めての壁というか、上手く行ってません。けど、ワクワクしてます!笑

Buona sera!


こんばんは!


今日からはサッカーの事も書いていこうと思います。


2月5日のリーグ戦では、アップも命じられず、チームも引き分けというかなり最悪な日でした。


その週の練習ではスタメン組に入って戦術確認をし、ゲームでは、ゴールも重ね、チャンスも沢山作っていて、出るであろうと予測していたので、かなりショックでした。


おそらく、イタリアに来て一番最初の壁ですね笑


今までが、スムーズに進みすぎてたんですかね。笑


自分の中での課題は確実に見えてきてるので、不安はありません!


監督はお前のクオリティはわかっているが、ボールを持ったら、早くFWにボールを送って欲しい。

と言われます。


勝つためのサッカーですね。


もちろんそこに簡単には従いません。


自分の強みとやりたいプレーもまぜてますが、これが信用されない容易なのはわかってます。


あとは、どんな事をしても、目の前の戦いに勝つ事。勝つためなら汚いこともためらいなくすることも自分の中の課題です。

日本で言われるスポーツマンシップと言われるものは、存在しません。

各チーム昇格、降格がかかっているので、勝てればいいんです。


その中で自分のプレーをするには、練習のゲームで取ってる得点を倍にする、アシストを倍にする、チャンスをもっと作る、練習中はチームメイトでも容赦なく削っていくこと。


だと思ってます。


先ほど最悪な日だったと書きましたが、試合前、相手の監督が、君、日本人のサトウだろ?

いい選手だ!なんでベンチなんだ?

と言ってきて、まだ出た試合は少ないのに、自分の事を知っている人がいるのに驚きと嬉しさがありました。

いつ、誰が、どこで、見てるか本当に分からないですね。


チームの練習がない日は作シーズン所属してたアカデミーの練習に行き、より、現代サッカーのトレンド戦術だったり、個人の技術アップ、

今いるリーグレベルより強い相手と、練習試合ですが、できていて、その中で手応えと自信はあるので、全然焦りとか不安は全くないですね。


情熱を全面に出して、グランドで一番目立つ日を連続させていこうと思います。