読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜La vita è bella〜

1996年生まれのサッカー選手です。日々の生活感じたことを発信していきます。

思いもよらない所にチャンスがあったりする。

みなさんこんにちは!


ペルージャにもやっと春がきて、日も長くなったのですが、少し肌寒いです笑


先日、逆の事をしてみると、ずっとモヤモヤしていたこと、少し悩んでいたことが、一気に解消されて、少しよくなるどころか、かなり感覚を掴めた体験をしたので文字に起こしたいと思います。


僕の本来のポジションは両サイドのウイング(攻撃的なサイドラインに位置をとる攻撃的なポジション)なのですが、

この前の練習試合で監督にサイドバック(サイドラインに位置をとる守備的なポジション)でいくから!


と一言。


内心は「まじか。やりたくないわー。」と思ったのですが、最近思ったプレーが出来ない試合が少し続いたので、気分転換にと思い「問題ないよ!任せて!」といいプレーしました!


そしてプレーに入るとうまくいっていなかった時のモヤモヤ(ボールの受ける位置、味方サイドバックとの関係、裏に抜けるタイミング、ボールの置き所、)で何がだめだったからうまくいっていなかったのかが全て明確になり、監督も大変満足してくれて、「お前サイドバックめっちゃいいな!次からはサイドバックで使おうと思ってる。後ろからスピードにのって、ボールを受けた時に一番相手を困らせてた。サイドバックでガンガンオーバーラップしてその特徴を出してくれ。相手にとってかなり危険なプレーが出来てた。

代わりに左の選手は守備的な選手を置くからそこは心配するな。

と言ってくれて、自分でも手応えが掴めたので、かなり良い1日でした!

その後からは、ほぼ毎回練習後に呼ばれ、プレーの意図と、どのようなプレーを監督が求めてるのか話し合うようになり、もっと成長できると実感してます!


サイドバックをすることで、どういうプレーをされると嫌だなど、対戦相手からも自分が成長する為の種を貰えました。


一つ気がかりなのは、監督がサイドバックで良かったからサイドバックで使おうと思ってる所です笑

自分的にはサイドバックをやったことで、本来自分のポジションである、ウイングでの感覚がかなり掴め、成長できると確信しているので、そこは監督にウイングでも何回かプレーさせてよ。

と話しあうつもりです!笑


一見すると逆の事が思いもよらず、自分にとって足りなかった何かになり、大きく進歩させてくれる物なんだなとこの体験をしたことで痛感しました!


自分が成長するチャンスは色んな所に転がってますね。